暮らし・手続き定住

各種補助金・助成金

結婚祝い金制度

概要

この制度は、わが町に長く住んでいただくことで人口減少に歯止めをかけ、また出産等によって人口増と町の活性化を図ることを目的とするものです。

交付資格を有する夫妻に対し、婚姻届受理日から6カ月経過後の申請により10万円が交付されます。
(※注 平成28年3月31日以前に婚姻された方は5万円の交付となります。)

助成対象

婚姻届受理日の年齢がいずれも満年齢50歳未満。

婚姻者の両方又はいずれか一方が、婚姻届受理後定住の意思をもって引き続き6カ月以上居住していること。

町への納付金等で未納がない世帯員であること。

お問い合わせ

矢掛町役場 総務企画課
電話番号:0866-82-1010

お問い合わせフォーム

結婚新生活支援事業

概要

この制度は結婚を機に新たな住居に引っ越す人を対象に、取得費用、賃料、初期費用、引越費用等を助成することにより、結婚支援と人口増加を目的とするものです。

平成29年4月1日以降に婚姻し、夫婦ともに49歳以下の人を対象に、所得制限を設け、対象経費を最大24万円助成します。

申請期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

対象経費

  • 住居の取得費用(共有名義の場合は2分の1以上の持分)
  • 新規の住宅賃貸費用(賃料、敷金、礼金)、共益費、仲介手数料

詳しくはこちらをご覧下さい。

お問い合わせ

矢掛町役場 総務企画課
電話番号:0866-82-1010

お問い合わせフォーム

矢掛町UIJターン者定住促進奨励金

概要

この制度は、若者等の定住を促進し、本町の人口増加及び町の活性化を図り、活力あるまちづくりを推進することを目的とするものです。

対象

本町に定住することを目的に住民登録をし、次のすべての条件に該当する人

  1. 本町に5年以上定住することを誓約する人
  2. 平成27年3月1日から、平成29年3月31日までに住民登録をして転入した人
  3. 転入日において、20歳以上65歳以下の人
  4. Uターン者については、本町の町民であった人が町外に転出し、2年以上経過後に定住を目的として、再度本町に住民登録をして転入する人
  5. 転勤、研修等一時的な転入及び施設入所等による転入でない人
  6. 対象者及び対象者と同一世帯の人全員に、町税等の滞納がない人
  7. 対象者及び対象者と同一世帯の人全員が、暴力団対策法第2条第6号に規定する暴力団員でない人
奨励金
対象者岡山県外からの転入岡山県内からの転入
主たる生計維持者として、
同時に転入する家族を有する20歳以上65歳以下の人
5万円 3万円
単身の20歳以上65歳以下の人 3万円 2万円
お問い合わせ

矢掛町役場 町民課
電話番号:0866-82-1011

お問い合わせフォーム

矢掛町定住促進助成金制度

概要

この制度は、町内へ新たに住宅を新築する人に対し、住宅建築費用を助成することにより、定住人口増加と少子化対策を目的とするものです。

町内に住宅を新築した人に対し、建築費用の10分の1を最大で150万円まで助成します。ただし、申請者の年齢、入居前の居住地、入居者の家族構成により上限額が変わります。

助成対象

本町に居住することを目的に住宅を新築する人で、その経費が500万円以上であり、次の1~5のすべてに該当する人

  1. 助成金の交付を受けた日から、本町に10年以上定住することを誓約する人
  2. 平成26年4月1日~平成30年3月31日までに新築にかかる工事請負契約等をし、平成31年3月31日までに町内に自らが居住する住宅を新築し、入居した人
  3. 助成対象者及び同一世帯の人全員に、税等の滞納がない人
  4. 暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者でない人
  5. 国及び地方公共団体等が実施する事業において移転補償を受けて住宅を新築したものでない人

詳しくはこちらをご覧下さい。

お問い合わせ

矢掛町役場 総務企画課
電話番号:0866-82-1010

お問い合わせフォーム

矢掛町住宅団地促進助成金制度

概要

この制度は、民間開発による住宅団地の誘導を図り、町内への定住を促進することにより、人口の増加と少子化対策を目的とするものです。

本町で民間業者が販売する住宅団地を購入し、新築した際に、次の内容を助成します。(それぞれに加入した場合、助成するもの)

  • 上水道加入負担金相当額(φ13㎜)
  • 農業集落排水施設受益者負担金もしくは、公共下水道受益者負担金
  • 矢掛放送ケーブルテレビ加入金
  • 新築住宅に入居した日に0歳~小学6年生までの子供がいる人に限り、住宅新築による住宅用地購入に係る経費に10分の1を乗じた額を、100万円を上限に助成します(助成金額の1千円未満は切り捨てます)。

助成対象

本町に居住することを目的に住宅団地(※1)に新築する人で、次の1~3のすべてに該当する人
(※1団地3戸以上の住宅用に分譲販売を目的としたもので、町土地開発公社が分譲販売したものを除く)

  1. 助成金の交付を受けた日から、本町に10年以上定住することを誓約する人
  2. 平成23年4月1日から平成30年3月31日までに住宅建築に係る土地売買契約及び工事請負契約等をし、平成31年3月31日までに町内の住宅団地に自らが居住する住宅を新築し、入居した人
  3. 助成対象者及び同一世帯の人全員に、税等の滞納がない人
  4. 暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者でない人
  5. 国及び地方公共団体等が実施する事業において移転補償を受けて住宅を新築したものでない人

詳しくはこちらをご覧下さい。

お問い合わせ

矢掛町役場 総務企画課
電話番号:0866-82-1010

お問い合わせフォーム

空き家改修補助金

概要

この制度は、町内の空き家の有効活用による定住人口の増加を目的として、空き家の改修に要した費用の一部を補助するものです。

町内にある空き家の所有者及び入居者が改修する際に改修費用に2分の1を乗じた額を、150万円を上限に補助します。150万円の内50万円までは「矢掛町空き家・空き農地情報登録制度」に登録した所有者が改修する際に利用できます。

助成対象

  • 次のいずれかに該当する者が補助の対象となります。
  1. 空き家所有者で補助金の交付の日から5年以上空き家登録することを誓約する人
  2. 空き家に居住する予定の空き家利用者で、転入予定者である人
    ※転入予定者とは、矢掛町外に居住する者で、転入する予定の日以前3年間に矢掛町内に居住したことがなく、補助を受けてから5年以上空き家に居住することを誓約する人
  3. 補助金の交付の日から5年以上店舗利用することを誓約する空き家利用者で、備中西商工会の経営指導を受けている人。
  • 次のいずれかに該当する工事が補助の対象となります。
  1. 主要構造部、トイレ、風呂、台所等の生活又は店舗利用するために必要な改修
  2. 空き家内の不要物撤去、ハウスクリーニング
  3. 上水道、下水道への接続工事
  4. その他町長が補助することが必要と認める工事

詳しくはこちらをご覧下さい。

お問い合わせ

矢掛町役場 産業観光課
電話番号:0866-82-1016

お問い合わせフォーム

空き家活用新規創業支援事業補助金

概要

町内産業の振興、雇用の促進及び定住・交流の促進による賑わいのまちづくりに寄与するため、町内における空き家を利用して小売業、飲食業、サービス業等の新規創業する事業者に対して支援を行う。

矢掛町空き家活用新規創業支援事業補助金交付要綱

補助対象期間

平成27年度~平成29年度

補助対象事業の内容および補助基準

区 分 事業内容 補助基準
①設備資金補助

空き家創業出店支援

町内の空き家を活用して、新しく事業を起こすに当たって必要な空き家購入費用、改修費、設備備品購入費の一部を支援

○空き家購入費・改修費・設備備品導入等に要する経費

○補助率2/3以内(補助限度額:300万円)

②経営支援

起業化促進

町内の空き家を活用して、新しく事業を起こすために必要な市場調査、展示会出展、広告等販売促進・起業化に必要な経費の一部を支援

○市場調査・販路開拓・展示会出展・広告宣伝・販売促進等に要する経費

○補助率1/2以内(補助限度額:100万円)

③賃借料補助

賃借料補助による出店支援

町内の空き家を活用して新規創業するために必要な賃借による新たな出店を支援

○1年目
 補助率:2/3(補助限度額:80万円)

○2年目
 補助率:1/2(補助限度額:60万円)

※創業から2年を限度
※敷金、礼金、共益費を除く

お問い合わせ

矢掛町役場 産業観光課
電話番号:0866-82-1016

お問い合わせフォーム

矢掛町住宅リフォーム補助事業

概要

この制度は、既存住宅の利便性、耐久性の向上、また、町内産業の活性化を図ることを目的として、町内施工業者を利用して実施する住宅リフォーム工事に係る経費の一部を補助するものです。

リフォームに要する費用の10%を補助します。ただし、上限を40万円とします。

助成対象

次のいずれかに該当する住宅が対象となります。

  1. 昭和56年5月31日以前に着工された住宅
    耐震診断を受け、耐震性のない住宅については、耐震改修工事を実施した(する予定の)住宅
  2. 昭和56年6月1日以降に着工された住宅
    建築後10年以上の住宅

様式のダウンロード

各種様式
WORD形式PDF形式
交付申請書(様式第1号) こちら(Word:45KB) こちら(PDF:77KB)
交付申請書(様式第1号)記入例 こちら(Word:51KB) こちら(PDF:104KB)
世帯用完納証明申請書(様式第1号添付) こちら(Word:28KB) こちら(PDF:67KB)
変更申請書(様式第4号) こちら(Word:38KB) こちら(PDF:55KB)
実績報告書(様式第8号) こちら(Word:38KB) こちら(PDF:59KB)
補助金請求書(様式第10号) こちら(Word:36KB) こちら(PDF:56KB)
お問い合わせ

矢掛町役場 建設課
電話番号:0866-82-1014

お問い合わせフォーム

木造住宅耐震改修事業費補助事業

概要

この制度は、大地震発生時の住宅の倒壊を防止し、市街地の減災を図るために、既存の木造住宅の耐震改修に要する経費の一部を補助するものです。

耐震化工事に要する費用の50%を補助します。ただし、上限を80万円とします。

助成対象

次の条件をすべて満たす住宅

  1. 矢掛町内に存するもの
  2. 一戸建ての住宅(店舗等の用途を兼ねるものは、店舗等の用に供する部分の床面積が延べ床面積の1/2未満のもの)
  3. 昭和56年5月31日以前に工事着工され、かつ、2階建て以下の住宅
  4. 耐震診断を受け、その診断結果が「倒壊する可能性がある」または「倒壊する可能性が高い」と診断されたもの(上部構造評点が1未満)

様式のダウンロード

各種様式
WORD形式PDF形式
交付申請書(様式第1号) こちら(Word:57KB) こちら(PDF:177KB)
中間検査申請書(様式第3号) こちら(Word:44KB) こちら(PDF:55KB)
変更申請書(様式第4号) こちら(Word:42KB) こちら(PDF:57KB)
変更承認申請書(様式第5号) こちら(Word:41KB) こちら(PDF:54KB)
中止・廃止承認申請書(様式第6号) こちら(Word:40KB) こちら(PDF:55KB)
完了届(様式第9号) こちら(Word:43KB) こちら(PDF:56KB)
実績報告書(様式第10号) こちら(Word:57KB) こちら(PDF:128KB)
交付請求書(様式第12号) こちら(Word:49KB) こちら(PDF:57KB)
お問い合わせ

矢掛町役場 建設課
電話番号:0866-82-1014

お問い合わせフォーム

建築物耐震診断等事業費補助事業

概要

この制度は、町内にある建築物の耐震診断を実施する所有者に対して、その費用の一部を補助するものです。

詳しくは、お問合せください。

助成対象

木造住宅

  1. 昭和56年5月31日以前に着工された一戸建ての住宅
  2. 地上階数が2階以下のもの
  3. 構造が丸太組工法、プレハブ工法以外のもの
  4. 店舗等の用途を兼ねるものについては、その店舗等の用に供する部分の床面積が延べ床面積の1/2未満のもの

※木造住宅以外の一個建て、マンションなどの建築物も耐震診断の対象となりますので、担当係までお問い合わせください。

様式のダウンロード

各種様式
WORD形式PDF形式
交付申請書(様式第1号) こちら(Word:34KB) こちら(PDF:58KB)
交付申請書(様式第1号)記入例 こちら(Word:37KB) こちら(PDF:91KB)
変更・中止・廃止申請書(様式第3号) こちら(Word:32KB) こちら(PDF:47KB)
実績報告書(様式第5号) こちら(Word:33KB) こちら(PDF:48KB)
交付請求書(様式外) こちら(Word:49KB) こちら(PDF:57KB)
お問い合わせ

矢掛町役場 建設課
電話番号:0866-82-1014

お問い合わせフォーム

がけ地近接など危険住宅移転事業

概要

がけ地の崩壊により、居住者の生命に危険を及ぼす恐れのある区域から、住宅の移転を行う場合には、危険住宅の除却費及び新築住宅の建設費(金融機関などからの借入金利子)を、補助してもらうことができます。

助成対象

昭和48年1月1日以前に建築している危険な住宅を安全な場所へ移転建築しようとする人。

お問い合わせ

矢掛町役場 建設課
電話番号:0866-82-1014

お問い合わせフォーム

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。