暮らし・手続き定住

空き家活用新規創業支援事業補助金

概要

町内産業の振興、雇用の促進及び定住・交流の促進による賑わいのまちづくりに寄与するため、町内における空き家を利用して小売業、飲食業、サービス業等の新規創業する事業者に対して支援を行う。

対象

空き家を活用して新規創業しようとする個人、法人又はその他の団体で次の要件を全て満たすこと。

  1. 町内に店舗等を設置すること。
  2. 個人又はその他の団体の代表者は、町内に住所を有する者又は補助金の交付申請を提出する日の前日までに町内に住所を有している者であること。
  3. 法人の場合は、補助金の交付申請書を提出する日の前日までに、町内に住所を有する法人として登記がなされていること。
  4. 町税及び町へ納付すべき納付金を滞納していないこと。
  5. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者でないこと。
  6. 新規創業後、原則として週3日以上営業すること。
  7. 新規創業に当たり許認可及び資格等が必要な場合は、当該資格等を取得し、又は新規創業までに取得する見込みがあること。
  8. 空き家を利用して行う事業で、備中西商工会の経営指導を受け、補助金の交付決定の日から5年以上空き家を店舗等として利用すること。
  9. この要綱による補助金を過去に受けたことがないこと。
※注意事項
  • 工事着工前に認定申請を行うこと。着工後の認定申請は補助対象外となります。
  • 新規創業に伴う空き家改修工事については、次の要件を満たすものとする。
  1. 外装を改修する場合は、周囲との景観に配慮すること。なお、矢掛商店街の旧山陽道及び旧松山街道の道路に面する空き家の改修工事をする場合は、特に周囲との景観に配慮して空き家改修工事を行うこととする。
  2. 原則として、町内に本社、支社、支店又は営業所を有する法人あるいは町内に住所を有する個人事業者が行う工事であること。
  • 過去5年以内に当該空き家の改修等を目的とした国・県等の他の補助金を受けている場合は、この要綱による補助金額は、当該他の補助金額を控除した額を上限とする。

補助対象期間

平成27年度~平成32年度

補助対象事業の内容および補助基準

区 分 事業内容 補助基準
①設備資金補助

空き家創業出店支援

町内の空き家を活用して、新しく事業を起こすに当たって必要な空き家購入費用、改修費、設備備品購入費の一部を支援

○空き家購入費・改修費・設備備品導入等に要する経費

○補助率2/3以内(補助限度額:300万円)

②経営支援補助

起業化促進

町内の空き家を活用して、新しく事業を起こすために必要な市場調査、展示会出展、広告等販売促進・起業化に必要な経費の一部を支援

○市場調査・販路開拓・展示会出展・広告宣伝・販売促進等に要する経費

○補助率1/2以内(補助限度額:100万円)

③賃借料補助

賃借料補助による出店支援

町内の空き家を活用して新規創業するために必要な賃借による新たな出店を支援

○1年目
 補助率:2/3以内(補助限度額:80万円)

○2年目
 補助率:1/2以内(補助限度額:60万円)

※創業から2年を限度
※敷金、礼金、共益費を除く

様式ダウンロード

各種様式
PDF形式WORD形式
誓約書(様式第1号) (PDF:85KB) (Word:79KB)
認定申請書(様式第2号) (PDF:185KB) (Word:273KB)
変更・中止認定申請書(様式第4号) (PDF:55KB) (Word:59KB)
交付申請書(様式第6号) (PDF:65KB) (Word:61KB)
補助金請求書(様式第8号) (PDF:58KB) (Word:58KB)
お問い合わせ

矢掛町役場 産業観光課
電話番号:0866-82-1016

お問い合わせフォーム

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。