暮らし・手続き防災・防犯

火災対策

火災を防ぐために

放火対策を万全に

ゴミは指定日の朝に出すなど、家のまわりに燃えやすいものを置かない。車庫、物置などの戸締まりも忘れずに。

コンロから離れない

コンロのまわりに燃えやすいものを置かない。火がついているコンロから離れるときは、必ず消すこと。

寝たばこ、ポイ捨ては厳禁

火がついたたばこを放置しない。喫煙することきには深い灰皿を使い、吸殻を捨てるときには必ず水にさらす。

子どもの火遊びに注意

子どもには火の正しい使い方や怖さを教える。子どもの手の届くところにマッチやライターを置かない。

ストーブのまわりを整理

衣類やふとんなど、ストーブのまわりに燃えるものを置かない。家具のそばにストーブを置かない。近くで洗濯物を乾かすのも危険。

配線まわりはきれいに

複数のコードをまとめたり、たこ足配線をしない。コードの上にものを載せるのも危険。コンセントまわりは定期的に掃除する。

火災がおきたら

早く知らせる

大きな声で隣近所に火事を知らせる。声が出ないときは、非常ベルや、鍋など音が出るものを叩く。
どんなに小さな火事でも必ず119番に通報する。

初期消火

火がまだ横に広がっているうちは消火が可能。
消火器や水だけでなく、毛布など手近なものを利用する。

早く逃げる

天井まで火が燃え広がったら消火は困難。無理せず早めに避難する。
避難するときには、煙を吸い込まないようにタオルやハンカチを口にあて、できるだけ姿勢を低くして避難する。

可能ならば、燃えている部屋の窓やドアを閉め、空気を遮断してから避難する。

お問い合わせ

矢掛町役場 総務企画課
電話番号:(代表)0866-82-1010

お問い合わせフォーム