暮らし・手続きお知らせ

マイナンバー制度

平成27年10月から個人番号(マイナンバー)が全ての人に通知されます!

マイナンバー制度とは(内閣官房)


○通知カードとは


通知カードとは、国民ひとりひとりに割り振られた個人番号(マイナンバー)をお知らせするための紙製のカードです。平成27年10月以降、地方公共団体情報システム機構から「通知カード」が簡易書留で住民票の住所地に送付されます。
通知カードには、個人番号(マイナンバー)、氏名、住所、生年月日、性別が、記載されます。各種手続で個人番号が必要となりますので、通知カードを紛失しないように大切に保管してください。紛失、焼失又は著しく損傷した場合の再交付には、再発行手数料(500円)が必要となります。


※通知カード様式(案)

111.jpg 222.jpg


●役場へ返戻された通知カードの受け取り方法について


○個人番号カードとは


個人番号カードとは、ICチップのついたカードの表面に、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真が掲載され、裏面に個人番号(マイナンバー)が記載されたカードのことです。本人確認のための身分証明書として利用できるほか、e-Tax(国税電子申告・納税システム)をはじめとした各種電子申請が行えます。
個人番号カードの交付を受けるときは、引き替えに通知カードを窓口で返納することになります。個人番号カードの交付を受けた後に、引っ越しなどで住所が変わるときは、住所変更手続きの際に忘れずに個人番号カードを窓口までお持ちください。


※個人番号カード様式(案)
mynumber02.png

・個人番号カードの有効期限は20歳以上の方は10回目の誕生日、20歳未満の方は5回目の誕生日とする予定です。
・個人番号カードの初回交付手数料は無料です。


○個人番号カード交付の流れ


1.平成28年1月以降、個人番号カードの交付を申請された方に、「個人番号カード交付通知書」がご自宅に届きます。

2.「回答書」へ記入・押印していただいた上、必要な持ち物をお持ちになり、交付通知書に記載された期限までに、ご本人がおこしください。

受取の際に必要な持ち物

□交付通知書

□通知カード

□本人確認書類(※下記参照)

□住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

□印鑑(シャチハタ・ゴム印以外)

※本人確認書類とは・・・


①住民基本台帳カード(写真付きに限る)・運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月以降に交付されたもの)・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可証・仮滞在許可証のうち1点

②これらをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認める2点   (例)健康保険証・年金手帳・各種医療受給者証・介護保険証等

なお、本人が病気、身体の障害、その他やむをえない理由により、窓口にお越しになることが難しい場合に限り、代理人にカードの受け取りを委任することができます。代理人による受け取りを希望される方は、必要書類が異なりますので町民課窓口係へご相談ください。


3.交付窓口で本人確認の上、暗証番号を設定して頂くことにより、カードが交付されます。

個人番号カードは大切な情報ですので、複数の暗証番号で管理しています。簡単な数字の並びや生年月日、自宅の住所など推測されやすい番号を登録しないようお願いします。なお、暗証番号は窓口にお越しになる前にあらかじめ考えておいてください。


●マイナンバー制度・個人番号カードに関するお問い合わせ先


内閣官房において、コールセンターの運営をしています。町民や事業者の皆様からのご質問に回答するとともに、必要に応じ、関係各省庁につなぐことにより、ワンストップでの対応を行っています。お問い合わせは下記コールセンターへお願いします。
【日本語窓口】0570-20-0178(全国共通ナビダイヤル)
【外国語窓口】0570-20-0291(全国共通ナビダイヤル)
※英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語で対応しています。
 受付時間 平日9時30分から17時30分まで (土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ

矢掛町役場 町民課
電話番号:0866-82-1011

お問い合わせフォーム