子育て・教育教育

矢掛高校魅力化推進事業

校門.JPG

 矢掛町では、令和元年度より矢掛高校魅力化推進事業に岡山県立矢掛高等学校(以下「矢掛高校」)と矢掛高校リージョナルモデル研究協議会を立ち上げ取り組んでいます。
 矢掛高校は令和3年度に創立120周年を迎える町内で唯一の県立高校です。矢掛高校の特色ある取組「やかげ学」は、学校設定教科「環境」の中から、地域との連携やボランティア活動の部分を分化・発展させた教科として位置づけられており、生徒が学校を飛び出し、地域の小学校や高齢者施設等で長期間に渡り活動し、社会性やコミュニケーション能力を身に付け人間として成長していきます。こうした活動はやかげ学を導入した平成21年度には全国でも例は少なく、町と県立高校が連携し、地域にしっかりと根付いた優良事例として全国から多くの視察を受け入れています。

やかげ学①.JPGやかげ学②.JPG

 一方で、岡山県は、平成30年度に岡山県立高等学校教育体制整備実施計画を策定し、その中で次の再編整備基準を定めました。

  1. 第1学年の生徒数が100人を下回る状況が、2023年度以降2年続いた場合には、再編整備の対象とする。
  2. 第1学年の生徒数が80人を下回る状況が、2023年度以降2年続いた場合には、翌年度の生徒募集を停止する。

 矢掛町は、以下の取組を行うことで、他の県立高校との差別化を図り、今後も入学者数の維持を図り地域の象徴である矢掛高校の存続を支援していきます。

矢掛高校リージョナルモデル研究協議会

 町内唯一の高校である矢掛高校を存続させるために、学校の魅力化を図るとともに、その基盤となる町の人づくり・教育の魅力化促進に向けた組織づくりと取組を行う。

リージョナルモデル①.JPGリージョナルモデル②.jpg

矢掛高校地域協働活動コーディネーター

 地域と協働した教育活動を推進するため、学校と地域とをつなぐ役割を担う職員として、矢掛高校地域協働活動コーディネーターを設置する。

地域協働活動コーディネーター①.JPG地域協働活動コーディネーター②.JPG

矢掛高校魅力化推進事業補助金

 矢掛高校の生徒確保及び学校の魅力化を図るための取組を支援することで、矢掛高校の存続、振興及び発展に寄与することを目的とする。
 ※次の表の①~③は選択制です。ただし,①を選択すると翌年度以降は②,③を選択できません。

種類 内容
① 被服費補助金 入学時の学校指定の制服の費用を補助します。
上限金額:4万円(入学時に1度限り申請できます)
※翌年度以降、②・③は選択できません。
② 通学費補助金 公共交通機関を利用して通学する生徒の費用負担の
軽減を図るため、通学定期券の費用の2割以内を補助
します。
上限金額:年間2万円(毎年申請できます)
③ 通塾費補助金 町内の学習塾を利用する生徒の費用負担の軽減を図る
ため、その費用の2割以内を補助します。
上限金額:年間2万円(毎年申請できます)
④ 英語技能試験受験補助金 矢掛高校内で実施する英語技能試験(GTEC)の費用
の一部を補助します。
補助金額:1回の受験につき3千円(年2回まで)
⑤ 資格試験・検定補助金 資格・検定試験に対する受験意欲の向上を図るため、
試験に合格した場合、その受験料相当額の図書カード
を学校が支給し、その費用を矢掛町が補助します。
※支給額は500円単位で、受験料相当額以下です。

受験補助金.JPG

企業版ふるさと納税

 今後も矢掛高校を継続して支援していくうえで、安定した財源を確保することを目的として、国の企業版ふるさと納税制度を活用しています。
 企業版ふるさと納税について、御支援いただける企業様ぜひご連絡ください。

国の企業版ふるさと納税制度についてはコチラをご確認ください。<外部リンク:首相官邸HP>

お問い合わせ

矢掛町役場 教育課(やかげ文化センター内)
電話番号:0866-82-2100

お問い合わせフォーム

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。