【過去最多28人】新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた町長メッセージ

矢掛町の本日の新型コロナウイルス感染症の陽性者数は28人で過去最多となった一昨日の発表を更新しました。いずれの方も軽症ですが,万一感染したときは症状が軽くても出勤や外出ができなくなり生活に大きな影響がでます。

マスクの着用や手指消毒,換気などの基本的対策を徹底し,少しでも感染リスクを下げるようご協力をお願いします。もし,発熱などの風邪症状が現れたときは,早めに医療機関の発熱外来を受診してください。

急激な感染拡大は,医療機関の負担増だけでなく,児童や高齢者,障害者の福祉や介護のサービスなどをはじめとする社会経済活動に大きな影響を与えることになります。

町民の皆様には感染防止のため,以下のことにつきまして,御理解と御協力をお願いいたします。

  • 高齢者など重症化リスクの高い方の命と健康を守るためにも改めて基本的な感染対策を徹底しましょう。
  • 冷房時でも,3密(密閉・密集・密接)回避のために,定期的に空気を入れ替えるなど,換気を徹底しましょう。
  • 基本的な感染対策としてマスクの着用は大切です。会食時を含め,会話をするときは必ずマスクを着用しましょう。
  • 屋外で,会話をほとんど行わない場合や十分な距離(2m以上を目安)が確保できる場合は,熱中症予防のためマスク着用は不要です。
  • 発熱,のどの痛み,咳など少しでも体調が悪い場合は,外出や帰省,旅行を控え,すぐにかかりつけ医等を受診しましょう。
  • 発症や重症化を予防するため,早期のワクチン接種をお願いします。特に,若い方の3回目,60 歳以上や基礎疾患を有する方の4回目接種をお願いします。
  • 旅行,イベント参加にあたっては,事前に,ワクチン接種又は検査の陰性結果を確認しましょう。

令和4年8月17日

矢掛町長 山岡 敦