新型コロナウイルス感染症予防について

岡山県では7月27日の発表から新型コロナウイルス感染症の患者が2000人を超えており,矢掛町においても最近の3日間は,毎日10人を超える方の感染が確認されています。

はじめに家族の誰かが感染し,その後同居のご家族に感染するといった事例が多く見られており,家庭内でも基本的な感染対策をしっかり行う必要があります。

万一,感染した場合でも多くの方は軽症ですんでいますが,感染した場合には1週間以上外出できないなどの行動制限を求められることになり,その後の後遺症のリスクもあります。また,国や県からの自粛要請がない現時点では,休業しても給付金等の救済措置はありません。

マスクの着用,手指消毒,換気などの基本的な感染対策を徹底することに加え人が密集する場所にはなるべく近づかないこと,ワクチン接種できる方はできる限り接種をすることなど,個人として家庭としてできる対策を徹底しましょう。

令和4年7月29日

矢掛町健康子育て課