新着情報

ダニ媒介感染症について

2022年07月25日(月)

令和4年7月15日現在,岡山県内では,重症熱性血小板減少症候群(SFTS),日本紅斑熱,つつが虫病などのダニ媒介感染症が6例発生しています。

ダニの活動が盛んな春から秋にかけて,ダニに咬まれる危険性が高まります。

ダニに咬まれないために

  1. 草むらなどに入るときには,肌が露出しないように,袖口を絞れる長袖,長ズボン,手袋,足を完全に覆う長靴等を着用しましょう。また,色の薄い服はくっついたダニを見つけやすくなります。
  2. 服の上や肌の露出部分に,防虫スプレーを噴霧しましょう。
  3. 草むらに直に寝転んだり,腰を下ろしたり,服を置いたりするのはやめましょう。

野山で活動したあとは

  1. すぐに入浴し,体や頭をよく洗い,新しい服に着替えましょう。
  2. 脱いだ衣服はすぐに洗濯しましょう。
  3. ペットを飼っている場合は,ダニに咬まれていないか確認しましょう。

マダニに咬まれたら

  1. マダニを無理に引き抜こうとすると,口器の一部が皮膚内に残ってしますことがありますので,できるだけ医療機関(皮膚科)で取ってもらいましょう。
  2. 数週間程度は体調の変化に注意し,発熱等の症状が認められた場合は,早めに医療機関(内科)を受診しましょう。その際,野山に入ったことを伝えてください。

厚生労働省ホームページ内「ダニ媒介感染症」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164495.html

岡山県感染症情報センターホームページ

https://www.pref.okayama.jp/page/308929.html