新着情報

令和3年度矢掛町新型コロナウイルス感染症対策事業継続特別支援金

2021年05月19日(水)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、事業収入が減少した町内事業者の事業継続を目的とし、対象者に対し支援金を交付します。

この事業は、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した事業です。

※予算の範囲内で事業を行うため、受付期間中であっても早期に終了することがあります。

申請期間

令和3年5月20日(木)~7月30日(金) ※祝日を除く月~金

(受付時間 午前8時30分~午前12時 午後1時~午後5時)

対象事業者

主な対象者要件は下記のとおりです。

(事業期間が短い事業者には特例適用する場合があります。詳細は「申請の手引き」をご確認ください。)

① 矢掛町内に主たる事業所を有する中小企業者・小規模事業者(個人事業主は住所も有すること)

※法人...町内に主たる事業所を有する(本店又は主たる事務所の所在地(※)が矢掛町内である)こと

※個人...町内に主たる事業所及び住所を有する(令和3年1月1日時点で町内に住所を有し、継続している)こと

② 令和2年4月1日時点で事業を行っており、今後も継続の意思がある事業者

③ 令和元年分 (平成31年1月~令和元年12月)と令和2年分 (令和2年1月~12月)の事業収入額を比較して、20%以上かつ20万円(小規模事業者は10万円)以上減少していること

※登記上の「本店」をさします。確定申告書の「納税地」及び法人番号公表サイトにて公表されている「本店又は主たる事務所の所在地」で確認します。

支援金額

中小企業者           20万円

小規模事業者          10万円

売上の減少が著しい(※)事業者   40万円

※売上減少率70%以上かつ売上減少額4,000万円以上の事業者

申請方法

申請の手引きを参照のうえ、提出書類(申請書類と添付書類)を用意し、備中西商工会で確認を受けてください。その後、役場 産業観光課窓口へご提出ください。

法人で事業年度が終了していない場合でも、確定申告書と売上台帳を組み合わせることで申請が可能です。この場合、事業年度が終了し確定申告書を税務署へ提出後、その写し(税務署での受付が確認できるもの)を産業観光課へ提出いただきます。

申請の手引き・申請書類

申請の手引き(PDF)(令和3年6月1日更新)

事業継続特別支援金申請書類一式(ZIP)

お問い合わせ先

産業観光課

TEL:0866-82-1016

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。