新着情報

食中毒注意報発令中

2019年06月13日(木)

最近の気温や湿度の状況から、6月6日付けで岡山県内全域において食中毒注意報が発令されました。
食品関係事業者をはじめ町民のみなさんは、次の「食中毒予防の三原則」に注意して食品を取り扱い、食中毒を予防しましょう。

食中毒予防の三原則

清潔(菌をつけない)
  • 調理前、食事前、トイレの後には、手をよく洗いましょう。
  • 台所は、整理整頓し、常に清潔にしましょう。
  • まな板、ふきん等の調理器具は、十分に洗浄・消毒を行いましょう。
  • ハエ、ゴキブリ等の衛生害虫は、定期的に駆除しましょう。
  • 魚介類は、真水で十分洗い、専用まな板で調理しましょう。
  • 肉を焼くときは、生の肉を焼く箸と食べる箸を使い分けましょう。
迅速・冷却(菌を増やさない)
  • 生鮮食品は、できるだけ早く食べましょう。
  • 調理したものは、早めに食べましょう。
  • 生鮮食品や調理後の食品は、10℃以下で保存しましょう。(生鮮用鮮魚介類は、4℃以下で保存するよう努めましょう)
加熱(菌をやっつける)
  • 加熱して食べる食品は、中心部まで十分に通しましょう。(85℃以上の温度で1分間以上の加熱が目安)
  • 特に、食肉等は中心の色が完全に変わるまで十分に火を通しましょう。(食肉の生食は避けましょう)

お問い合わせ

矢掛町役場 保健福祉課

電話:0866-82-1010