子育て・教育子育て

妊産婦医療費助成制度

妊産婦医療費助成制度は妊産婦の病気の早期発見・早期治療により母体を保護し、胎児のすこやかな成長を守り、安心して出産に臨んでいただけるよう支援するものです。

対象期間中に医療機関を受診されましたら、助成申請書を提出してください。

対象となる期間

母子健康手帳の交付を受けた月の初日または転入日から出産(流産及び死産を含む)した日の翌月の末日まで

対象となる医療費

対象期間中に健康保険証を使用して受診した医療費の自己負担額が対象です。
(医療機関の領収明細書に記載されている保険負担分の額)

  • 妊婦健診料、薬の容器代、差額ベッド代、食事代、おむつ代等保険診療外の費用は助成対象とはなりませんので、ご注意ください。
  • この助成は1人の妊婦につき上限を8万円までと定めています。

申請の方法

あらかじめの手続きは不要です。

母子健康手帳交付の月からの医療機関の領収明細書を保管し、受診月の翌月以降に申請してください。出産後にまとめて申請することも可能です。受診月の翌月の初日から1年以内に申請してください。

申請窓口

矢掛町役場保健福祉課が窓口です。

郵送による申請も可能ですが、書類の確認に時間を要することがありますので、ご了承ください。

申請時に必要なもの

母子健康手帳、印鑑(シャチハタ不可)、健康保険証、妊産婦名義の預金通帳

医療機関等の発行した診療報酬明細入りの領収書(原本)

申請書、請求書(保健福祉課で配布、または町ホームページよりダウンロード)

※高額療養費に該当したとき(入院治療、手術を受けた場合など)

加入している健康保険組合等から支給される高額療養費が優先されます。該当した場合は申請時に高額療養費支給決定通知書の添付が必要ですので、高額療養費の支給決定後(約3か月後)に助成申請をしてください。

申請書及び請求書

矢掛町妊産婦医療費助成金交付申請書(PDF:79.0KB)

矢掛町妊産婦医療費助成金請求書(PDF:89.5KB)

記入例(PDF:138KB)

Q&A

Q1.医療費の助成は産婦人科にかかった場合だけですか?

A1.いいえ。産婦人科に関わらず、内科、皮膚科、歯科など、妊娠中から産後約1か月の期間に、健康保険証を使用して医療機関で受診して支払った医療費や薬剤費の自己負担額が助成の対象になります。

Q2.妊婦健診で超音波検査費用を自己負担しました。助成対象になりますか?

A2.いいえ。通常の妊婦健診は、健康保険証を使用する保険診療ではなく健康診査(全額自己負担)です。医療機関から発行される領収書(明細入)に記載されている「保険負担額」の欄を確認してください。「保険負担額」に記載されている金額は助成の対象になります。
矢掛町では妊婦健診14回、超音波検査4回、血液検査2回の無料券を交付していますが、基本的に無料券以外の健診、検査は全額自己負担となります。

Q3.助成申請はいつ頃したらいいですか?

A3.医療機関を受診した月の翌月に申請できますが、数か月分、出産後にまとめて申請も可能です。医療機関を受診した月の翌月の初日から1年以内に申請してください。
平成29年4月1日以降に受診した医療機関の領収書(明細入)を保管しておいてください。

Q4.帝王切開で出産しました。医療費の助成申請ができますか?

A4.はい。治療のための入院や帝王切開による出産の場合は、高額療養費に該当する場合があります。加入している健康保険組合へ確認し、高額療養費の支給申請をしてください。(支給決定には3か月程度かかります)
妊産婦医療費助成申請には、高額療養費支給決定通知書を添付してください。

お問い合せ

〒714-1297岡山県小田郡矢掛町矢掛3018

矢掛町役場保健福祉課・健康管理センター

TEL:0866-82-1013

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。