矢掛町合併70周年記念

昭和29 年5月に矢掛町、美川村、三谷村、山田村、川面村、中川村が合併し、昭和36 年に小田町を編入合併
して現在の矢掛町に至りました。これまでさまざまな歴史を築いてきた矢掛町は、令和6年5月1日に合併70 周年を迎えます。

この節目となる機会をとらえ,将来に向かって,夢と希望あふれる本町の更なる飛躍につながる仕掛けとなるような合併70周年記念事業を実施します。

目的

  1. 町民が矢掛町の歩んできた70年を認識する
  2. 矢掛町の未来に向けた夢を醸成する
  3. 外部へ向けて矢掛町の魅力を情報発信する

シンボルマーク

01シンボルマーク.jpg

やかげ観光大使やかっぴーの考案者でイラストレーターの原田康平さんに依頼。

複数のデザイン案の中から、矢掛町合併70周年記念事業実行委員会で協議し、羽ばたくやかっぴーに町花「さくら」、「70」をあしらったデザインに決定しました。

キャッチフレーズ

「優しさの70年 今までも これからも」

【最優秀賞】小塚優斗さん

応募総数130点。矢掛町合併70周年記念事業実行委員会での厳正なる審査を経て、最優秀賞に小塚優斗さんの作品が選ばれました。

記念事業

合併70周年記念事業の一つとして、町民提案実施事業を募集しました。多数の事業提案が寄せられた中で、矢掛町合併70周年記念事業実行委員会の審査を経て、45事業が採択されました。

町主催及び町関係団体実施事業とあわせて、約90件の多彩な記念行事を計画しています。皆様の積極的なご参加をよろしくお願いします。

矢掛町合併70周年記念事業一覧(PDF)

リンク

アマチュア無線通信で全国へ「宿場町やかげ」の魅力をPR

お問い合わせ

矢掛町役場 総務防災課
電話番号:(代表)0866-82-1010

お問い合わせフォーム

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。