新型コロナワクチンの間違い接種について(令和4年5月27日報告分)

矢掛町内での新型コロナワクチンの間違い接種に関する事案が発生しましたのでお知らせします。

(1)概要

令和4年5月26日(木曜日),矢掛町国民健康保険病院において,12歳以上17歳以下の3回目接種で本来は使用できないモデルナ社製ワクチンを17歳の2名に接種した事案が発生しました。事案発生後,当該医療機関で,それより以前の接種者を確認したところ,4月14日から5月19日の間で12歳から17歳の15名(計17名)に接種していたことが判明しました。判明後,当該医療機関では早急に被接種者やその保護者に連絡し,今回の事案について説明,謝罪および健康被害の有無を確認し,町へ報告がありました。被接種者の方に,現在,健康被害は確認されておりません。

(2)原因

当該医療機関での年齢確認が不十分なまま接種したものです。 

(3)今後の対応

町では当該医療機関に対し,確認体制の徹底を指導しました。

当該医療機関から,今後,①予約受付時の年齢確認の徹底,②接種者リスト作成時の年齢確認の徹底,③予診票確認時における年齢確認の徹底,④接種医療従事者による接種時における年齢確認の徹底により,再発防止に努めること,また,被接種者の方に当該医療機関が引き続き健康観察を実施すると報告を受けております。