矢掛町長メッセージ(令和4年2月18日)

岡山県がまん延防止等重点措置の延長を国へ要請したことを受け,依然として多くの感染者が確認される岡山県を含む17道府県について,政府はまん延防止等重点措置の適用期間を3月6日(日)まで延長することを決定しました。

本町におきましても,今年1月以降の新規感染者数が,2月18日(金)現在で149人となっており,さらに矢掛病院では,クラスターが発生し,診察など大幅な制限を設けて実施するなど,深刻な状況となっております。

また,国内では感染力が非常に強いステルスオミクロン株(BA.2株)の市中感染が初めて確認されるなど,予断を許さない状況であります。

これ以上感染を拡大させないためにも,引き続き基本的な感染対策の徹底必要です。さらに感染予防が期待できる,3回目のワクチン接種を積極的にお願いいたします。

町民の皆さまには基本的な感染対策をしっかり行っていただくとともに,外出の際には,混雑している場所や時間を避けて行動するなど,引き続きのご協力をお願いいたします。

令和4年2月18日

矢掛町長 山野 通彦