矢掛町長から町民の皆様へ(令和3年9月10日)

新型コロナワクチン新規接種予約受付の再開について

新型コロナウイルス感染症が全国で拡大しており、8月27日に岡山県においても緊急事態宣言が発令され、その後、感染者が減少傾向にあることから9月13日からはまん延防止等重点措置に移行するものの、矢掛町では連日陽性者が確認されるなど予断を許さない状況が続いています。

町としては新型コロナワクチン接種に力を入れて取り組んでおり、現在、町民の8割を超える方に接種に協力いただいています。とはいえ、まだ2,000人の方が未接種の状況です。

最近では特に若い世代の感染者が増加しており、接種率については10代が50%台、20代から30代が60%台と低い状況となっています。

ワクチンを2回接種することによって、発症予防効果95%と高い効果が認められており、自分自身への予防はもちろん、大切な人への感染を防ぐことにも繋がります。

もちろんワクチン接種の副反応により、接種部位の痛みや、発熱、頭痛などの反応が生じる可能性がありますが、ほとんどの場合は数日で回復することが報告されています。

この度、町では新たにワクチンを確保できたことから、9月27日から2週間分、町内医療機関で新規接種予約を受け付けることとなりました。

これまで接種の機会がなかった方、まだ接種されていない方は、特別な事情がある場合を除いてワクチン接種をお願いします。

自分自身、そしてあなたの大切な人を守るためにもワクチン接種にご協力ください。

令和3年9月10日

矢掛町長 山野通彦